サクラサケ93日目:そろそろ地上に戻ろう

まだ地下で粘っている。

レベルは60に達した。

天井掃除をしているとたまに横穴がスカルクまみれの洞窟に繋がっていて掘り進めることができた。

最終的には行き止まりになるのだが。

木材すら半分を木炭に変えて粘っていたが、流石に照明が足りない。

いいかげんに表世界の要塞探しをするべきだな。

 

スカルクが尽きない

サクラサケ92日目:いつまでも天井掃除

第二古代遺跡でちょくちょく天井掃除をしている。

こんなことやっていて意味あるんだろうかと思いつつ無意味なことをするのがゲームなので気にしたら負けだ。

どうせやるならクリーニングの意識が強い第一古代遺跡にしておけばよかった。

足場作戦もけっきょくやっていないし。

何もかも行き当たりばったりだ。

 

中心部を見下ろす

 

サクラサケ91日目:2つ目のネザー鉄道を

既設のネザー鉄道に直交する方向に伸びた道に鉄道を敷き始める。

パワーレールが途中で足りなくなって、追加で作ったのも金が足りなくなって、それ以上は増やせなくなった。

戻るのに楽をしたいのでトロッコを作ってしまって、トロッコが3つまで増えている。

鉄がもったいない。

第二古代遺跡をレベル50になるまでうろつく。

 

松明の向こう側にブロックが付着する?

 

サクラサケ90日目:大量の粘土を抱えて帰還

チェスト付きのボートをつくって、チェストの中に粘土をつめて拠点の村に帰還する。

これで当分は石工に売る粘土に困らないだろう。

しかし、一度の取引で割引が終わって倍の値段になってしまったのは参った。

3人いる石工をさらに増やそうかな。

行商人からサンゴを購入したが、地上に設置した瞬間に枯死した。

分かっていただろうにのう、ワグナス。

 

熱帯魚畑

 

サクラサケ89日目:削れるところはだいたい削った

またつまらぬものを削ってしまった。

出先でエンチャントできるように本棚を16個もエンダーチェストに放り込んでおいたが、スカルクが切れるほうが早いかも。

ウォーデンがまったく出現しないわけでもなく、むしろ少し削ったら出てしまうような厄介な場所だけが残っている。

正面突撃で破壊しては撤退してウォーデンが帰るのを待つ、ヒットエンドランも仕掛けたが、うっかりウォーデンが地面に潜る前に近づいて危ないことがあった。

そういう調整も面倒くさい。

 

拠点村を上から

 

サクラサケ88日目:ネザーゲートを繋げてワープ

メサのスカルク経験値採集場近くにネザーゲートを作って入ってみる。

拠点村のゲートと同じく渓谷地下のゲートの重なった。

上手く使えば移動の手間が省けると言いたいところだが、渓谷から地上にあがるのも水流に逆らって登っていかねばならず、手間である。

水流エレベーターをつくる下準備をする。

襲撃イベントを軽くこなして村に帰還。

売りまくりすぎて石工に売りつけるクォーツと粘土が尽きてしまった。

弓のパンチを1から2に強化した。

 

やたらといろいろついたエンチャント本。しかし、一つの道具に共存しそうにない。

サクラサケ87日目:レールをすべて採集

まだ戻る気がしなかったので地上部分にある坑道のレールをかき集める。

100個くらいは残っていた。

モンスターも残っていてウィッチまでいた。

鉄床を海辺のベースに設置してクワを修理。

羊を捕まえて柵に止める。

山猫がうろついているけど、羊も殺されるんだっけ?

囲んでおかないとダメかな。

 

坑道と繁茂した洞窟が接する部分で壁が粘土になっていた。